オトナの田植え、子どもの田植え


d0357168_21204861.jpg

日が長くなり、大川村もいよいよ農繁期に入りました。

この時期のお楽しみと言えば…そう!田植え。
大学に入って以来、毎年欠かさず田植えをさせてもらっています。
好きな農作業はいくつもあるけれど、田植えは特別に感じます。
素足で泥に足を踏み入れる感じ。目の前で揺れる水面。
「いかに早く、正確に、美しく植えるか」
年に一度の”行事”だけに、気持ちも高まります。

「こんなに楽しいこと、もっと早くから知っておけばよかった!」
そう思う私の一つの目標が、子供達に農(作)業の魅力を伝えることです。

この3年間で学んだのは、農業はあらゆる学問の礎だということでした。

生物・化学・物理に地学はもちろん数学だって。

人類史は農業なしには語れないし、「持続可能な開発とは何か」という哲学ちっくな見方も生まれる。農業を営むことで生まれるコミュニティも「生」の原点であると思います。

何も、勉強することを強制したいのではなく
あるいは「農業って尊いんだ」って価値観を押し付けたいわけではなく

子供の頃の「知りたい!わかりたい!」という好奇心をくすぐるものが詰まっているもの、それが農業だと思うから、機会としてぜひ提供したいと思うのです。ちょっとでも可能性が広がったらいいなぁって。

それでいて、農業も、学問も面白がってくれたら、それ以上に望むものはありません。


***


前置きがえらく長くなりましたが、実は先日その目標が実現したのです!
緑のふるさと協力隊OBで、農家を始められた先輩の田んぼ。耕作放棄地だったものを一から耕し、昨年度から水田を始められたところ。今年はさらに開拓し、面積を広げての挑戦です。
d0357168_21213409.jpg

そこにやって来たのは、ふるさと留学生(*)たち!

(*)ふるさと留学生とは…

大川村には「ふるさと山村留学」と呼ばれる制度があります。
対象は小・中学生。親元を離れ、1年間、年齢の異なる仲間と集団生活をし、地元の学校に通いながら様々な自然体験をします。30年近く続いていて、中には社会人になって“帰って”来た人も。


前の週の代掻きも手伝ってもらい、田植えに臨みます。
初めての田植えの子どもも多く、緊張した面持ち…


「足にゅるにゅるになるんでしょ?気持ち悪そう…」

「ぜーったい、長靴履いたまま植える!」

「お米好きじゃないし、パン派だから植えるのやだ!」
まあまあいろんな意見が出ること(笑)

そんなうちに田植えがスタート。
d0357168_21221818.jpg

半分に割った竹のふしで間隔を測りながら、ロープに描いてある印の位置に苗を植え込んで、一列一列進んでゆきます。

ちゃぷ・ちゃぷ・ちゃぷ・ざっ…

ちゃぷ・ちゃぷ・ちゃぷ…

ちゃぷ・ちゃぷ・ちゃぷ・ざっ…

ちゃぷ・ちゃぷ・ちゃぷ…

そのうち、「えぇ〜、まだ終わらんのお〜」という声が聞こえてきました。

そうよね…途方もないし、つまらんよね。。
「学問の礎」とか格好いいこと言っちゃっても、結局楽しめなければただの「しょうもないもの」。ひとつひとつの物事を飾り立てて、頭でっかちになってしまうのはオトナのエゴかもしれない。


されどもキリのいいところまでちゃんと続けるのが、留学生たちのいいところ。
d0357168_21230299.jpg

「はよ交代したい〜」と言いつつも、いざ新しい苗が渡されるとハイスピードで植えたり、「アカハラめっちゃおる!」とイモリと遊んだりと、そのうち子ども達も楽しんでくれているようでした。(ほっとした……)

みんなの協力のおかげで、無事に好天のうちに田植えを終えることができました。
d0357168_21233996.jpg

やりきった子ども達は感慨深げ。「また見に来たいなあ」と口にする子も。

印象深かった会話があります。

「むちゃしんどい。腰痛いしはよ終わりたい」
と言っていた子どもに、田植えを終えてから、どうやった?と聞いてみました。

「大変だったし、疲れた!昔の農家さんってすごいね」
と答えてくれたのです。

(…ひえぇぇっ!!)

答えとしてはテンプレかもしれない。でもそれを自ら考えて、ぽろっとこぼしてくれたところに、感動を覚えたのです。その時のぞくぞく感って言ったら、、、もう。たまりませんでした。嬉しかった。うぅ〜〜伝われこの感覚!!!

時たま、やりづらいなあって思うときもあるけれど、
子どもの素朴な気持ちって、素朴だからこそエネルギーがあるように感じます。そして胸打たれるのです。なんだか気持ちがしゃんとします。

この田んぼが、何かのきっかけになったらいいなあ。今はそう思えなくても、「あ!懐かしいなあ」って。そんな微かな望みを抱きつつ、お世話のお手伝いに励みたいと思います。


あべな


【おまけ】

苗が余ったので一段下の元・ビオトープも田んぼにすることにしました。

絶賛開墾中(´•ω•`)早う田植えまでこぎつけねば…

Before
d0357168_21243651.jpg

After(途中経過)
d0357168_21252678.jpg



[PR]
by sea-723 | 2017-05-31 21:02 | 大川暮らし | Comments(0)